Pair Ride Planning & Design

サイドパネル延長保証プログラム

延長保証の対象となる破損

 
短期間劣化によるサイドパネル破損の特徴
 
不具合のあるナイロン生地を使用したサイドパネル部品の、短期間劣化による破損例です。
 
不具合製品のナイロン生地には、破損時に見られる特徴的なポイントがあります。
 



 
リアレインカバー/サイドパネル部品(ピンク)の短期間劣化による破損例
 

 

 
● 使用開始から3ヶ月程度に色落ちが目立ち始める。
↓↓↓↓
● 5ヶ月経過時点で、ビニールフラップ部の下を除いて真っ白に色が抜ける。(オレンジ・ピンク)
↓↓↓↓
● 6ヶ月経過したある日突然、生地の部分が崩壊するように一気にぼろぼろに破れる。
生地の部分がまるで「紙」のように簡単に千切れてしまう状態。
 
※ 上記は、使用開始から6ヶ月で、サイドパネル部品の破損に至ったピンク色製品の例です。
生地色や保管環境によって、破損に至るまでの月数は大きく異なります。
 



 
不具合サイドパネル部品を判定する4つのポイント
 
■ビニールフラップ部の下を除いて、ナイロン生地の色が真っ白になる。(オレンジ・ピンク)
■ある日突然、生地の部分が崩壊するように一気にぼろぼろに破れる。
■生地の部分がまるで「紙」のように簡単に崩れてしまう状態。
■生地の劣化は激しいが、ビニールの窓部は透明度を保ってかなり奇麗な状態。
 



 
通常製品のサイドパネル部品劣化時の特徴(非不具合品)
 
・通常使用(自然劣化)で、2年程度以上経過した時点で、劣化によるナイロン生地の破損が発生する。
・ナイロン生地の色が真っ白になる頃には、ビニールフラップの下部分も色が抜けている。
・部分的な生地の破れが発生しても、徐々に時間を掛けて破損が広がっていく。
・自然劣化による破れが生じても、生地の部分に一定の強度がある。
・生地の劣化と共に、ビニールの窓部も劣化し透明度が落ちている。
 



 
サイドパネル延長保証プログラムの申請
 
「延長保証の条件」を全て満たし、上記の「不具合サイドパネル部品を判定する4つのポイント」に合致する場合は、サイドパネル延長保証プログラムの申請にお進み下さい。
 

 

延長保証の対象となる破損

 
短期間劣化によるサイドパネル破損の特徴
 
不具合のあるナイロン生地を使用したサイドパネル部品の、短期間劣化による破損例です。
 
不具合製品のナイロン生地には、破損時に見られる特徴的なポイントがあります。
 



 
リアレインカバー/サイドパネル部品(ピンク)の短期間劣化による破損例

 

● 使用開始から3ヶ月程度に色落ちが目立ち始める。
↓↓↓↓
● 5ヶ月経過時点で、ビニールフラップ部の下を除いて真っ白に色が抜ける。(オレンジ・ピンク)
↓↓↓↓
● 6ヶ月経過したある日突然、生地の部分が崩壊するように一気にぼろぼろに破れる。
生地の部分がまるで「紙」のように簡単に千切れてしまう状態。
 
※ 上記は、使用開始から6ヶ月で、サイドパネル部品の破損に至ったピンク色製品の例です。
生地色や保管環境によって、破損に至るまでの月数は大きく異なります。
 



 
不具合サイドパネル部品を判定する4つのポイント
 
■ビニールフラップ部の下を除いて、ナイロン生地の色が真っ白になる。(オレンジ・ピンク)
■ある日突然、生地の部分が崩壊するように一気にぼろぼろに破れる。
■生地の部分がまるで「紙」のように簡単に崩れてしまう状態。
■生地の劣化は激しいが、ビニールの窓部は透明度を保ってかなり奇麗な状態。
 



 
通常製品のサイドパネル部品劣化時の特徴(非不具合品)
 
・通常使用(自然劣化)で、2年程度以上経過した時点で、劣化によるナイロン生地の破損が発生する。
・ナイロン生地の色が真っ白になる頃には、ビニールフラップの下部分も色が抜けている。
・部分的な生地の破れが発生しても、徐々に時間を掛けて破損が広がっていく。
・自然劣化による破れが生じても、生地の部分に一定の強度がある。
・生地の劣化と共に、ビニールの窓部も劣化し透明度が落ちている。
 



 
サイドパネル延長保証プログラムの申請
 
「延長保証の条件」を全て満たし、上記の「不具合サイドパネル部品を判定する4つのポイント」に合致する場合は、サイドパネル延長保証プログラムの申請にお進み下さい。